車検代行・車検同行のクライム・オート 鳥取で車検をするならクライム・オート)
〜 リコール情報 2007年7月 〜
鳥取県鳥取市所在のクライム・オート

車検MENU
トップページ
リコール情報MENU
リコール情報TOP
会社概要
特定商取引表示
お問い合わせ
車検代行・車検同行でおなじみのクライム・オート
リコール情報(各自動車メーカー)

 
当メールマガジン「知ってる?クルマのあれこれ。な〜んでも情報局」
に記載したリコール情報をまとめたページです。
 

2007.7.28記載分リコール情報

■マツダ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-261.html
 車名    マツダ
 通称名   デミオ
 型式    DBA-DE3FS,DBA-DE5FS
 製作期間  平成19年5月11日〜平成19年7月11日
 対象台数  5,658台
 不具合部位 制動装置(イコライザ)
 不具合状況 
  駐車制動装置のイコライザ(駐車ブレーキの操作力を左右の車輪に均等に
  振り分ける装置)において、ブレーキケーブル組付部の隙間が広いものが
  ある。そのため、ブレーキケーブルが当該隙間に入り込み、最悪の場合、
  駐車ブレーキ操作時にブレーキケーブルがイコライザから外れ、駐車制動
  能力が低下するおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、イコライザの隙間を再かしめする。

■いすゞ自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-262.html
 車名    いすゞ,ニッサン,ニッサンディーゼル,マツダ
 通称名   エルフ,アトラス,コンドル,タイタン
 型式    
  BKG-NHR85A,BKG-NHR85AN,BKG-NHS85A,BKG-NHS85AN,BKG-NJR85A,
  BKG-NJR85AD,BKG-NJR85AN,BKG-NJS85A,BKG-NJS85AN,BDG-NKR85A,
  BDG-NKR85AD,BDG-NKR85AN,BDG-NKR85N,BDG-NKR85R,BKG-NKR85A,
  BKG-NKR85AD,BKG-NKR85AN,BKG-NKR85AR,BKG-NKR85R,PDG-NKR85YN,
  BDG-NKS85A,BDG-NKS85AD,BDG-NKS85AN,BKG-NLR85AN,BKG-NLR85AR,
  BKG-NLR85N,BKG-NLS85AN,BKG-NLS85AR,BDG-NMR85AN,BDG-NMR85AR,
  BDG-NMR85N,BDG-NMR85R,BKG-NMR85AN,BKG-NMR85N,BDG-NMS85AN,
  BKG-NNR85AN,BKG-NNR85AR,BKG-NNS85AR,BDG-NPR85AN,BDG-NPR85AR,
  BKG-NPR85AN,BKG-NPR85AR,BDG-NPS85AN,BDG-NPS85AR,BKG-AJR85AD,
  BKG-AJR85AN,BKG-AJS85A,BKG-AJS85AN,BDG-AKR85A,BDG-AKR85AD,
  BDG-AKR85N,BDG-AKR85R,BKG-AKR85A,BKG-AKR85R,PDG-AKR85YN,
  BDG-AKS85AN,BKG-AKS85AN,BKG-ALR85AN,BKG-ALR85AR,BKG-ALR85N,
  BDG-AMR85AN,BDG-AMR85AR,BDG-AMR85N,BDG-AMR85R,BKG-AMR85AN,
  BKG-ANR85AR,BDG-APR85AN,BDG-APR85AR,BKG-APR85AN,BKG-APR85AR,
  BDG-APS85AR,BKG-BJR85A,BKG-BJR85AD,BKG-BJR85AN,BKG-BJS85A,
  BDG-BKR85A,BDG-BKR85AN,BDG-BKR85N,BDG-BKR85R,BKG-BKR85AN,
  BKG-BLR85AN,BKG-BLR85N,BKG-BLS85AR,BDG-BMR85AN,BDG-BMR85AR,
  BKG-BMR85AN,BDG-BPR85AN,BDG-BPR85AR,BKG-BPR85AN,BKG-BPR85AR,
  BDG-BPS85AR,BKG-LHR85A,BKG-LHR85AN,BKG-LHS85A,BKG-LJR85A,
  BKG-LJR85AD,BKG-LJR85AN,BKG-LJR85N,BKG-LJS85A,BDG-LKR85A,
  BDG-LKR85AD,BDG-LKR85AN,BKG-LKR85A,BKG-LKR85AD,BKG-LKR85AN,
  BKG-LKS85AD,BKG-LKS85AN,BKG-LLR85AN,BKG-LLR85AR,BKG-LLS85AR,
  BDG-LMR85AN,BDG-LMR85AR,BDG-LMR85N,BDG-LMR85R,BKG-LMR85AN,
  BKG-LNR85AN,BKG-LNR85AR,BKG-LNS85AR,BDG-LPR85AN,BDG-LPR85AR,
  BKG-LPR85AN,BKG-LPR85AR,BDG-LPS85AN,BDG-LPS85AR
 製作期間  平成18年12月6日〜平成19年5月24日
 対象台数  6,938台
 不具合部位 燃料装置(燃料フィルタ取り付けブラケット)
 不具合状況 
  燃料フィルタ取付ブラケットの形状が不適切なため、当該ブラケットがエ
  ンジン振動により共振することがある。そのため、そのまま使用を続ける
  と、当該ブラケットの取付ボルトが折損し、最悪の場合、燃料フィルタが
  外れて燃料が漏れるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、燃料フィルタ取付ブラケットに補強ブラケットを追加する。
  また、追加した補強ブラケットと電気配線が干渉するおそれがあることか
  ら、電気配線に保護材を取付ける。

■ダイムラー・クライスラー日本株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-263.html
 車名    メルセデス・ベンツ
 通称名   S55,S55L,CL500,CL55,
       AMG S55,AMG S55L
 型式    GF-220073,GH-220074,GF-220173,GH-220174,GF-215375,
       GH-215375,-215375-,GH-215374,GF-S55SA,GF-S55LA
 輸入期間  平成11年10月4日〜平成16年7月5日
 対象台数  2,930台
 不具合部位 緩衝装置(油圧ホース)
 不具合状況 
  油圧式緩衝装置の油圧制御装置(アクティブ・ボディ・コントロール)に
  おいて、油圧を制御する供給バルブと前後輪にオイルを分配する分配ジョ
  イントを連結する高圧側油圧ホースのかしめ部の形状が不適切なため、当
  該油圧ホース内部の金属製メッシュが湿気等により腐食するものがある。
  そのため、そのまま使用を続けると、かしめ部からオイルが漏れ、最悪の
  場合、漏れたオイルが排気管にかかり、火災に至るおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該油圧ホースを対策品と交換する。

■ダイムラー・クライスラー日本株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-264.html
 車名    クライスラー
 通称名   ジープ・チェロキー
 型式    GH-KJ37
 輸入期間  平成17年10月5日〜平成18年8月24日
 対象台数  447台
 不具合部位 電気装置(送風用モーター)
 不具合状況 
  エアコンディショナーの送風用モーターの設計が不適切なため、当該モー
  ターが想定した以上に回転速度が速くなることがある。そのため、エアコ
  ンディショナーを最大風量で長時間使用をすると、モーターが異常に過熱
  し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、送風用モーターを対策品と交換する。

2007.7.21記載分リコール情報

■富士重工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-201.html
 車名    スバル
 通称名   インプレッサ
 型式    GH-GDB
 製作期間  平成18年6月2日〜平成19年2月26日
 対象台数  514台
 不具合部位 1.原動機のオイルクーラー回路の接続部
       2.手動式変速機のオイルクーラー回路の接続部
 不具合状況 
  1.製造工程において、原動機のオイルクーラーホース接続部のクランプ
    の取付位置不適切なものがある。そのため、そのまま使用を続けると
    当該接続部よりホースが抜け、最悪の場合、漏れたオイルが排気管に
    掛かり、火災に至るおそれがある。
  2.製造工程において、手動式変速機のオイルクーラーホース接続部のク
    ランプの取付位置が不適切なものがある。そのため、そのまま使用を
    続けると、当該接続部よりホースが外れてオイルが漏れ、最悪の場合
    走行不能に至るおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、オイルクーラーホースのクランプの取付位置を確認し、クランプ
  位置が不適切な場合には、適切なクランプ位置に修正する。

■三菱自動車工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-191.html
 車名    三菱
 通称名   eK-WAGON,ミニカ,トッポBJ
 型式    LA-H81W,UA-H81W,GD-H42V,GD-H47V,GF-H41A,GF-H42A,
       GF-H46A,GF-H47A
 製作期間  平成10年9月28日〜平成15年5月24日
 対象台数  241,775台
 不具合部位 その他の装置(遮風用インシュレーター)
 不具合状況 
  エンジンルーム内のエアコンコンデンサー前側に装着している遮風用イン
  シュレーターの材質が不適切なため、使用過程において当該インシュレー
  ターが取付部より破断することがある。そのため、走行中破断したインシ
  ュレーターが排気管に接触し、最悪の場合、インシュレーターが焼損して
  火災に至るおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該遮風用インシュレーターを取り外す。

■本田技研工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-192.html
 車名    ホンダ
 通称名   アクティ,VAMOS,VAMOS Hobio
 型式    GD-HA6,GD-HA7,GD-HH5,GD-HH6,GBD-HH5,GBD-HH6,LA-HM1,
       LA-HM2,ABA-HM1,ABA-HM2,LA-HM3,LA-HM4,ABA-HM3,ABA-HM4,
       GBD-HJ1,GBD-HJ2
 製作期間  平成13年8月22日〜平成19年1月17日
 対象台数  129,159台
 不具合部位 1.原動機(エキゾーストマニホールド)
       2.乗車装置(ドアロック)
       3.車枠及び車体(フロントロアクロスメンバ)
 不具合状況 
  1.ターボチャージャ付車両において、エキゾーストマニホールドの材質
    が不適切なため、登坂路走行を頻繁に繰り返し行うと、熱による膨張
    ・収縮で亀裂が生じ、排出ガスが漏れるものがある。
  2.左側スライドドアの車室内ハンドルの操作を伝達するリンク機構のプ
    レス成型が不適切なため、リンク機構が円滑に作動せず、車室内から
    スライドドアを開けた後、リンク機構の一部が戻らないものがある。
    そのため、スライドドアを閉めてもドアラッチが開放状態のままとな
    り、最悪の場合、走行中に左側スライドドアが開くおそれがある。
  3.サイドフレームとフロントロアクロスメンバとの溶接が不適切なため
    溶接部の強度が不足しているものがある。そのため、そのまま使用を
    続けると、走行時の振動等により当該溶接部が剥がれ、フロントロア
    クロスメンバの位置がずれて、最悪の場合、前車輪を取り付けている
    ロアアーム後端部が抜け、走行不能となるおそれがある。
 改善の内容 
  1.全車両、エキゾーストマニホールド一式を対策品と交換する。
  2.全車両、左側スライドドアのハンドルリンク機構一式を良品と交換す
    る。
  3.全車両、フレームとフロントロアクロスメンバの溶接箇所を点検し、
    フロントロアクロスメンバの溶接が剥がれているものは板金修理を実
    施する。溶接箇所に亀裂があるものは亀裂部を溶接する。点検結果剥
    がれや亀裂がないものはフロントロアクロスメンバの外側合わせ面に
    補強用リベット留めを追加する。

■トヨタ自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-171.html
 車名    トヨタ
 通称名   アイシス
 型式    CBA-ANM10G,DBA-ANM10G,CBA-ANM10W,DBA-ANM10W,CBA-ANM15G,
       DBA-ANM15G,CBA-ANM15W,DBA-ANM15W,CBA-ZNM10G,CBA-ZNM10W
 製作期間  平成16年9月20日〜平成18年9月4日
 対象台数  122,527台
 不具合部位 電気装置(制動灯スイッチ)
 不具合状況 
  制動灯スイッチ内部への異物侵入時の接点障害防止対策が不十分なため、
  絶縁性グリースが付着した作業用手袋で当該スイッチの外側に触れると、
  微量なグリース成分がスイッチ接点部まで徐々に拡散することがあり、
  スイッチ接点部の発熱により当該接点部に絶縁物が生成されて導通不良と
  なるものがある。
  そのため、制動灯が点灯しなくなり、シフトレバーがパーキング位置から
  動かなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該スイッチを対策品に交換するとともにリレーを追加する。

■日産ディーゼル工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-172.html
 車名    ニッサンディーゼル
 通称名   −
 型式    KL-UA452PAN,KL-RP252GAN,KL-UA272KAM,KL-UA452KAN,
       KL-UA452MAN
 製作期間  平成12年9月4日〜平成19年2月8日
 対象台数  1,435台
 不具合部位 かじ取装置(中間アームブラケット)
 不具合状況 
  かじ取装置のリンケージ中間アームブラケットの強度が不足しているもの
  がある。そのため、そのまま使用を続けると当該ブラケットに亀裂が発生
  し、最悪の場合、ブラケットが破損してハンドル操作ができなくなるおそ
  れがある。
 改善の内容 
  暫定措置として、全車両、中間アームブラケットを点検し、亀裂が入って
  いるものは新品に交換する。
  なお、恒久対策が準備でき次第、速やかに恒久対策を実施する。

2007.7.14記載分リコール情報

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-101.html
 車名    スズキ
 通称名   エリオ
 型式    LA−RA21S,LA−RB21S
 製作期間  平成13年1月23日〜平成15年6月30日
 対象台数  1,925台
 不具合部位 動力伝達装置(クリップ)
 不具合状況 
  手動変速機付車において、ギヤシフトケーブル抜け止め用クリップの形状
  が不適切なため、シフト操作時にギヤシフトコントロールレバーのハウジ
  ングに当該クリップが干渉することがある。そのため、そのまま使用を続
  けると、当該クリップが折損し、最悪の場合、ギヤシフトケーブルがギヤ
  シフトコントロールレバーから外れ、変速できなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、ギヤシフトケーブル抜け止め用クリップを対策品と交換する。

■スズキ株式会社から改善対策の届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-102.html
 車名    スズキ,マツダ
 通称名   エブリイ,スクラム
 型式    ABA−DA64W,ABA−DG64W
 製作期間  平成17年8月6日〜平成19年1月20日
 対象台数  19,039台
 不具合部位 電気装置(オートステップコントローラ)
 不具合状況 
  オートステップ装着車において、オートステップコントローラのプログラ
  ムが不適切なため、エンジン停止時にオートステップが張出した状態でブ
  レーキを1 秒間に2 回以上踏んだ場合、車両が走行したと誤判定すること
  がある。そのため、当該コントローラのフェールセーフ機能が働き、最悪
  の場合、乗降中突然当該ステップが格納されるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、オートステップコントローラを対策品と交換する。

2007.7.7記載分リコール情報

■本田技研工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-051.html
 車名    ホンダ
 通称名   オデッセイ
 型式    LA-RB1,LA-RB2,ABA-RB1,ABA-RB2
 製作期間  平成15年10月6日〜平成16年8月20日
 対象台数  27,841台
 不具合部位 制動装置(VSAモジュレータ)
 不具合状況 
  車両挙動安定化制御システム(ビークル・スタビリティ・アシスト:VS
  A)において、製造工程が不適切なため、制御ユニット内のコンデンサが
  損傷しているものがある。そのため、電圧変動で発生する電気ノイズが除
  去されず、ブレーキペダルの踏み込み量を検知するセンサが誤作動を起こ
  すものがあり、瞬間的にブレーキアシストが作動し、最悪の場合、走行中
  制動灯が点灯しないで突然ブレーキが作動するおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、VSAモジュレータ制御ユニットにコンデンサ付きの配線を追加
  する。

■いすゞ自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-052.html
 車名    いすゞ
 通称名   キュービック,エルガ
 型式    KC-LV280L,KC-LV280N,KC-LV280Q,KC-LV380L,KC-LV380N,
       KC-LV380Q,NE-LV288L,NE-LV288N,KL-LV280L1,KL-LV380L1,
       KL-LV380N1,PJ-LV234L1,PJ-LV234N1,PJ-LV234Q1,KL-LV280Q1
       KL-LV280N1
 製作期間  平成6年9月30日〜平成19年5月29日
 対象台数  2,109台
 不具合部位 かじ取り装置
 不具合状況 
  乗合バスのタイヤの切角が不適切なため、スタッドレスタイヤを装着し、
  ハンドルを最大限度まで切った状態で段差を通過した場合、タイヤがドラ
  ッグリンクと接触することがある。そのため、そのままの状態で使用を続
  けると、接触部分に錆が発生し、最悪の場合、当該リンクが折損して、操
  舵ができなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、コーションラベルを運転席横に貼付する。なお、ドラッグリンク
  に干渉痕がある場合は、新品と交換するとともに、切角ストッパを調整す
  る。

■日野自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-053.html
 車名    日野
 通称名   ブルーリボンU
 型式    PJ-KV234L1,PJ-KV234N1,PJ-KV234Q1
 製作期間  平成17年8月25日〜平成19年6月15日
 対象台数  259台
 不具合部位 かじ取り装置
 不具合状況 
  乗合バスのタイヤの切角が不適切なため、スタッドレスタイヤを装着し、
  ハンドルを最大限度まで切った状態で段差を通過した場合、タイヤがドラ
  ッグリンクと接触することがある。そのため、そのままの状態で使用を続
  けると、接触部分に錆が発生し、最悪の場合、当該リンクが折損して、操
  舵ができなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、コーションラベルを運転席横に貼付する。なお、ドラッグリンク
  に干渉痕がある場合は、新品と交換するとともに、切角ストッパを調整す
  る。

■ダイムラー・クライスラー日本株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-054.html
 車名    クライスラー
 通称名   PTクルーザー,PTクルーザーGT
 型式    GH-PT24,GH-PT24T
 輸入期間  平成17年6月29日〜平成18年3月20日
 対象台数  172台
 不具合部位 窓ガラス(後部側面固定ガラス)
 不具合状況 
  後部側面窓の固定ガラスと車体の間の取付け部の高さが不均一なため、ガ
  ラスが車体に密着し確実に取り付けられていないものがある。そのため、
  当該ガラス取り付け時に過大な力でナットを締め付けると、取付けボルト
  が抜け出し、最悪の場合、車体からガラスが脱落し、交通の安全を妨げる
  おそれがある。
 改善の内容 
  全車両、後部側面固定ガラスを対策品と交換する。

■ピー・エー・ジー・インポート株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall07/07/recall07-041.html
 車名    ローバー
 通称名   ディスカバリー
 型式    E-LJ36D,E-LJR,Y-LJL,KD-LJL
 輸入期間  平成6年5月9日〜平成11年3月2日
 対象台数  14,120台
 不具合部位 電気装置(制動灯スイッチ)
 不具合状況 
  制動灯スイッチ内部の接点の電気負荷に対する容量が不足しているため、
  制動装置作動時に接点が焼き付き、
  1.制動灯が点灯したままの状態となる。そのため、そのままの状態で使
   用を続けると、制動灯スイッチが発熱し、配線が溶損して、最悪の場合
   発煙・火災に至るおそれがある。
  2.制動灯が点灯しなくなり、シフトレバーがパーキング位置から動かな
   くなることがある。
 改善の内容 
  全車両、制動灯スイッチを対策品と交換する。

当サイトの内容の掲載、転載及び複製は禁止します。Copyright(C)2002-2010 CLIMB AUTO , All Rights Reserved.