車検代行・車検同行のクライム・オート 鳥取で車検をするならクライム・オート)
〜 リコール情報 2009年7月 〜
鳥取県鳥取市所在のクライム・オート

車検MENU
トップページ
リコール情報MENU
リコール情報TOP
会社概要
特定商取引表示
お問い合わせ
車検代行・車検同行でおなじみのクライム・オート
リコール情報(各自動車メーカー)

 
当メールマガジン「知ってる?クルマのあれこれ。な〜んでも情報局」
に記載したリコール情報をまとめたページです。
 

2009.7.25記載分リコール情報

■いすゞ自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000381.html
 車名    いすゞ
 通称名   ギガ
 型式    PJ-CVR52K6,PJ-CXG51X6,PJ-CXM51V6,PJ-CXY51Q5J,PJ-CXY51Q6J
       PJ-CXY51S5J,PJ-CXG51X5,PJ-CXM51V5,など108型式
 製作期間  平成15年12月2日〜平成20年3月12日
 対象台数  8,205台
 不具合部位 原動機
 不具合状況 
  リコール届出番号2229及び2294のリコール作業において、燃料低
  圧パイプ交換作業要領書の締付トルク指示値が不適切なため、当該部のパ
  ッキンの締め付け力が不十分になることがある。そのため、エンジン内部
  に燃料が漏れ、そのままの状態で走行を続けると、燃料の混入したオイル
  がブローバイガスの通路を経由して吸気管に吸入され、シリンダー内で燃
  焼するため、エンジン回転が上昇し、最悪の場合、エンジン内部が損傷し
  て火災となるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、燃料低圧パイプを正規の締付トルクで締め付ける。

■プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000375.html
 車名    プジョー,シトロエン
 通称名   1007,C5,C3プルリエル,C3,C2
 型式    ABA-A08NFU,ABA-A08KFV,GH-A8NFU,GH-A8KFV,ABA-X3XFU,
       ABA-X3RFJ,GH-X3XFU,GH-X3RFJ,GH-X4XFX,GH-X4RFN,GF-X4XFXW,
       GF-X4XFX,GF-X4RFNW,GF-X4RFN,ABA-A42NFU,GH-A42NFU,
       ABA-A31KFU,GH-A31KFU,ABA-A31NFU,GH-A31NFU,GH-A8KFV,
       GH-A8NFU,ABA-A6NFU,ABA-A6NFS,ABA-A6KFV,GH-A6NFU,
       GH-A6NFS,GH-A6KFV
 輸入期間  平成13年5月16日〜平成19年11月9日
 対象台数  10,770台
 不具合部位 燃料装置(燃料ポンプ)
 不具合状況 
  燃料ポンプのリターンパイプ取付部の強度が不足しているため、使用過程
  において亀裂が発生することがある。そのため、そのまま使用を続けると
  亀裂が進行して燃料が漏れるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、燃料ポンプを対策品と交換する。

2009.7.11記載分リコール情報

■日産自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000371.html
 車名    ニッサン
 通称名   キューブ
 型式    DBA-NZ12
 製作期間  平成20年11月6日〜平成21年6月1日
 対象台数  3,086台
 不具合部位 原動機(補機駆動用ベルト)
 不具合状況 
  全輪駆動車の補機駆動用ベルトの芯線の材質が不適切なため、使用過程に
  おいて、当該ベルトが切れることがある。そのため、補機類が駆動されず
  警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、最悪の場合、エンストして再
  始動不能となるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該ベルトを対策品と交換する。

■日産ディーゼル工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000370.html
 車名    ニッサンディーゼル
 通称名   コンドル
 型式    PB-LK36A,PB-MK36A,PB-MK36B
 製作期間  平成16年5月17日〜平成18年10月2日
 対象台数  1,919台
 不具合部位 制動装置(エアチューブ、ケーブル)
 不具合状況 
  再生制御式DPFを搭載した車両において、排気管付近に配索されたブレ
  ーキ用エアチューブ、駐車ブレーキ用ケーブル及び変速機用ケーブルが、
  高温になる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、エ
  アチューブやケーブルが溶損し、制動力の低下、駐車ブレーキの作動不良
  及び変速機の操作性不良となることがある。
 改善の内容 
  全車両、ブレーキ用エアチューブ、駐車ブレーキ用ケーブル、変速機用ケ
  ーブル及び排気ブレーキ用シャッターを対策品に交換する。

■トヨタ自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000366.html
 車名    トヨタ
 通称名   カローラアクシオ,カローラフィールダー,カローラルミオン,
       プレミオ,アリオン,オーリス,イスト
 型式    DBA-NZE141,DBA-NZE144,DBA-ZRE142,DBA-ZRE144,DBA-NZE144G
       DBA-ZRE142G,DBA-ZRE144G,DBA-ZRE152N,DBA-ZRE154N,
       DBA-ZRT260,DBA-ZRT265,DBA-NZE151H,DBA-NZE154H,
       DBA-ZRE152H,DBA-ZRE154H,DBA-NCP110,DBA-NCP115
 製作期間  平成19年1月11日〜平成19年12月19日
 対象台数  71,319台
 不具合部位 動力伝達装置(無段変速機)
 不具合状況 
  無段変速機の前進用クラッチ機構において、クラッチを保持しているスナ
  ップリングの取付溝部の加工が不適切なため、急な加減速を繰り返すと当
  該スナップリングが取付溝部から外れることがある。そのため、クラッチ
  が滑り加速不良となり、そのまま使用を続けると、クラッチが摩滅して前
  進できなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、無段変速機の製造番号を確認し、該当するものは当該前進用クラ
  ッチ機構を良品に交換する。

■ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000367.html
 車名    ボルボ
 通称名   ボルボS80,ボルボV70,ボルボXC70
 型式    CBA-AB6324,CBA-AB8444,CBA-BB6324W,DBA-BB6304TW,
       CBA-BB6324XC
 輸入期間  平成20年2月12日〜平成20年12月23日
 対象台数  570台
 不具合部位 原動機(冷却ファン制御モジュール)
 不具合状況 
  原動機の冷却ファン制御モジュールのプログラムが不適切なため、原動機
  制御モジュールから送られる冷却ファン制御信号が正しく処理されず、冷
  却ファンが作動しない場合がある。そのため、原動機の水温異常によりエ
  ンジン警告灯が点灯し、そのまま使用を続けると、オーバーヒートし、走
  行不能となるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、冷却ファン制御モジュールを正しいプログラムが書き込まれた対
  策品と交換する。

■日産ディーゼル工業株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000368.html
 車名    ニッサンディーゼル
 通称名   ―
 型式    KC-CD45ANH,KC-CD45ANN,KC-CD45ARH,KC-CD45ARN,KC-CD45ATH,
       KC-CD45AVN,KC-CD45BNF,KC-CD45BNH,KC-CD45BPN,KC-CD45BRF,
       KC-CD45BRH,KC-CD45BTF,KC-CD45BTH,KC-CD45BUH,KC-CD45BVF,
       KC-CD45BVH,KC-CD45CVH,KC-CD45CVN,KC-CD45CWH,KC-CD48CWH,
       KC-CD52AMH,KC-CD52AMN,など計88型式
 製作期間  平成6年11月15日〜平成21年5月26日
 対象台数  2,178台
 不具合部位 走行装置(後後軸)
 不具合状況 
  大型貨物車(後前1軸駆動3軸車)の後後軸において、一部の車両で、使用
  環境に対する強度の余裕が少ないため、当該車軸に亀裂が発生する場合が
  ある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し、最悪
  の場合、車軸が折損するおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、後後軸を対策品に交換する。なお、対策品の供給に時間を要する
  ため、亀裂有無の点検を行い、亀裂がある車両は優先して交換する。
  また、車両使用上の注意喚起を行う。

2009.7.4記載分リコール情報

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000363.html
 車名    スズキ
 通称名   ワゴンR
 型式    CBA-MH23S
 製作期間  平成20年9月3日〜平成21年6月4日
 対象台数  529台
 不具合部位 灯火装置(側方照射灯)
 不具合状況 
  側方照射灯付車において、オプション品として設定したオートライトシス
  テム(車外の明るさに応じて前照灯を自動的に点灯、消灯する装置)の電
  気回路が不適切なため、前照灯が点灯していない場合に側方照射灯が点灯
  し、道路運送車両の保安基準に適合しない。
 改善の内容 
  全車両、オートライトシステムの有無を点検し、対象となるものは当該シ
  ステムを対策品と交換する。

■日野自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000350.html
 車名    日野
 通称名   スーパードルフィン,プロフィア
 型式    KL-SH1FDGA,KL-SH1FDGG,KL-SH1FFGG,KL-SH1FGGG,KL-SH1KDGA,
       KL-SH1KDGG,KL-SH1KFGA,KL-SH1KFGG,KL-SH1KGGA,KL-SH1KGGG,
       KL-SH1KHGA,KL-SH1KLGA,KL-SH1KLGG,KS-SH1EDJG,KS-SH1EDJJ,
       PK-SH1EDJG,PK-SH1EDJJ,KS-SH1EFJG,PK-SH1EFJG,KS-SH1EGJG,
       KS-SH1EGJJ,PK-SH1EGJG,PK-SH1EGJJ,ADG-SH1EDXG,
       ADG-SH1EDXJ,BKG-SH1EDXG,BKG-SH1EDXJ,ADG-SH1EFXG,
       ADG-SH1EGXG,ADG-SH1EGXJ,BKG-SH1EGXG
 製作期間  平成15年3月26日〜平成18年10月17日
 対象台数  7,273台
 不具合部位 動力伝達装置(アクスルシャフト)
 不具合状況 
  アクスルシャフトの熱処理が不適切なため、強度が不足している。そのた
  め、そのまま使用を続けると、最悪の場合、当該アクスルシャフトが折損
  し、走行不能になるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該アクスルシャフトを良品と交換する。

当サイトの内容の掲載、転載及び複製は禁止します。Copyright(C)2002-2010 CLIMB AUTO , All Rights Reserved.