車検代行・車検同行のクライム・オート 鳥取で車検をするならクライム・オート)
〜 SUZUKI 〜
鳥取県鳥取市所在のクライム・オート

車検MENU
トップページ
リコール情報MENU
リコール情報TOP
会社概要
特定商取引表示
お問い合わせ
自動車関連・電子書籍販売サイト
車検代行・車検同行でおなじみのクライム・オート
リコール情報(各自動車メーカー)

 
当メールマガジン「知ってる?クルマのあれこれ。な〜んでも情報局」
に記載したリコール情報をまとめたページです。
       

2015年記載分リコール情報

■日産自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001992.html
 車名    ニッサン,スズキ
 通称名   「セレナ」「ランディ」
 型式    DBA-C26,DBA-NC26,DBA-SC26,DBA-SNC26
 製作期間  平成25年12月12日〜平成27年4月17日
 対象台数  6,056台
 不具合部位 横滑り防止装置(エンジン制御コンピュータ)
 不具合状況 
  アイドリングストップ無車のエンジン制御コンピュータにおいて、プログ
  ラムが不適切なため、横滑り防止装置の作動時に、エンジン出力が抑制さ
  れない。そのため、ブレーキ制動力調整による制御は行うものの、走行安
  定性を損なうおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該エンジン制御コンピュータを対策プログラムに修正する。

■日産自動車株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001987.html
 車名    ニッサン,ニッサンMT,スズキ
 通称名   「ノート」「セレナ」「ジューク」「キューブ」「シルフィ」「リーフ」
       「NV350キャラバン」「マーチ」「ラティオ」「ランディ」
 型式    DBA-E12,DBA-NE12,DAA-HFC26,DAA-HC26,DBA-FNC26,
       DBA-C26,など25型式
 製作期間  平成25年6月14日〜平成26年4月10日
 対象台数  91,260台
 不具合部位 始動装置(プッシュエンジンスタータスイッチ)
 不具合状況 
  プッシュエンジンスタータスイッチを組み付けるイモビライザアンテナの
  成形条件が不適切なため、熱収縮により、当該プッシュエンジンスタータ
  スイッチとの隙間が狭くなり、摺動抵抗が増加したものがある。
  そのため、そのまま使用を続けると、当該スイッチ操作時に押したまま戻
  らず、緊急停止操作と判定してエンジンを停止することがあり、最悪の場
  合、走行中にエンストするおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、当該プッシュエンジンスタータスイッチの嵌合リブを削除してイ
  モビライザアンテナとの隙間を確保するとともに、スイッチに防振材を貼
  付する。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001925.html
 車名    スズキ,マツダ,シボレー
 通称名   「アルト」「Kei」「ワゴンR」「ツイン」「スイフト」
    「キャロル」「ラピュタ」「AZ−ワゴン」「クルーズ」 
 型式    GF-HA12S,GD-HA12V,GF-HA22S,LA-HA23S,TA-HA23S,UA-HA23S,
       ABA-HA23S,CBA-HA23S,LE-HA23V,UE-HA23V,GBD-HA23V,
       GF-HN11S,TA-HN12S,GF-HN21S,LA-HN22S,UA-HN22S,TA-HN22S,
       ABA-HN22S,CBA-HN22S,GF-MC11S,TA-MC12S,GF-MC21S,LA-MC22S,
       UA-MC22S,TA-MC22S,UA-EC22S,CBA-EC22S,CAA-EC22S,
       UA-EC22S改,GH-HT51S,LA-HT51S,UA-HT51S,TA-HT81S,GF-HB12S,
       GF-HB22S,LA-HB23S,UA-HB23S,TA-HB23S,ABA-HB23S,CBA-HB23S,
       GF-HP11S,TA-HP12S,GF-HP21S,LA-HP22S,UA-HP22S,TA-HP22S,
       CBA-HP22S,GF-MD11S,TA-MD12S,GF-MD21S,LA-MD22S,UA-MD22S,
       TA-MD22S,LA-HR51S,LA-HR52S,ABA-HR52S,UA-HR52S,DBA-HR52S,
       LA-HR81S,LA-HR82S,ABA-HR82S,UA-HR82S,CBA-HR82S
 製作期間  平成10年8月24日〜平成21年8月24日
 対象台数  1,872,903台
 不具合部位 電気装置(イグニッションスイッチ)
 不具合状況 
  イグニッションスイッチにおいて、接点部に使用するグリスが不適切なた
  め、可動接点が固定接点から離れる際のアーク放電の熱によりグリスが炭
  化することがある。そのため、そのまま使用を続けると、グリスの絶縁性
  の低下と可動接点の摩耗による金属粉の堆積により接点間が導通し、発熱
  することでグリスが発煙し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、イグニッションスイッチを対策品に交換する。なお、改善措置用
  部品の準備に時間を要することから、使用者に不具合の内容を通知して注
  意喚起を行い、準備が整い次第、再度入庫の通知をする。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001918.html
 車名    スズキ,ニッサン,マツダ
 通称名   「エブリイ」「NV100クリッパーリオ」「スクラム」
 型式    ABA-DA17W,ABA-DR17W,ABA-DG17W
 製作期間  平成27年2月3日〜平成27年3月4日
 対象台数  841台
 不具合部位 灯火装置(前照灯)
 不具合状況 
  走行用前照灯において、バルブの固定用スプリングの形状が不適切なため
  走行用前照灯の製造時に当該スプリングがバックカバーに干渉する。
  そのため、バルブが正常に固定されず、走行用前照灯の照射方向が、保安
  基準第32条に適合しないおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、走行用前照灯バルブの固定用スプリングを対策品に交換する。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001917.html
 車名    スズキ,ニッサン,マツダ
 通称名   「キャリイ」「エブリイ」「NV100クリッパー」
       「スクラム」
 型式    EBD-DA16T,HBD-DA17V,HBD-DR17V,HBD-DG17V
 製作期間  平成26年8月18日〜平成27年2月27日
 対象台数  4,376台
 不具合部位 動力伝達装置(変速機)
 不具合状況 
  機械式自動変速機において、変速機単体の作動検査時に使用する検査用オ
  イルの抜き取り作業が不適切なため、変速機内部にオイルが残留している
  ものがある。そのため、車両組立時に規定量のオイルを入れると、規定よ
  り油量が多くなり、そのままの状態で高速走行をすると油温が上昇し、変
  速機の内部部品が溶損したり、熱の影響で変速機周辺のハーネスが溶損し
  て、最悪の場合、走行不能やエンジンが再始動できないおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、機械式自動変速機のブリーザからのオイル吹き出しの有無やオイ
  ルの注入量を点検し、オイルの吹き出しがある場合は、当該変速機、アク
  チュエータ、及び当該変速機周辺のワイヤーハーネスを新品に交換すると
  ともに正規オイル量を注入する。また、オイルの注入量過多がある場合は
  当該変速機、及び当該変速機周辺のワイヤーハーネスを新品に交換すると
  ともに正規オイル量を注入する。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001905.html
 車名    スズキ
 通称名   「ワゴンR」「ソリオ」「MW」
 型式    GF-MA63S,LA-MA64S,LA-MA34S,UA-MA34S,DBA-MA34S,ABA-MA34S,
       GF-ME63S,LA-ME64S,LA-ME34S,DBA-ME34S,ABA-ME34S
 製作期間  平成11年5月21日〜平成22年8月6日
 対象台数  125,755台
 不具合部位 電気装置(イグニッションスイッチ)
 不具合状況 
  イグニッションスイッチにおいて、接点部に使用するグリスが不適切なた
  め、可動接点が固定接点から離れる際のアーク放電の熱によりグリスが炭
  化することがある。そのため、そのまま使用を続けると、グリスの絶縁性
  の低下と可動接点の摩耗による金属粉の堆積により接点間が導通し、発熱
  することでグリスが発煙し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、イグニッションスイッチを対策品に交換する。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001863.html
 車名    スズキ,ニッサン,マツダ,三菱
 通称名   「エブリイ」「キャリイ」「NV100クリッパー」
       「NV100クリッパーリオ」「NT100クリッパー」
       「スクラム」「ミニキャブ」「タウンボックス」
       「ミニキャブ」
 型式    HBD-DA64V,EBD-DA64V,ABA-DA64W,EBD-DA16T,HBD-DR64V,
       EBD-DR64V,ABA-DR64W,EBD-DR16T,HBD-DG64V,EBD-DG64V,
       ABA-DG64W,EBD-DG16T,HBD-DS64V,EBD-DS64V,ABA-DS64W,
       EBD-DS16T
 製作期間  平成26年3月22日〜平成26年8月28日
 対象台数  34,150台
 不具合部位 
  1.乗降口(フロントドアラッチ)
  2.物品積載装置(バックドアラッチ) 
 不具合状況 
  フロントドアラッチ及びバックドアラッチにおいて、製造時に異なる材質
  の部品を使用したため、強度が不足するものがある。そのため、施錠及び
  開錠操作の繰り返しにより、当該部品が破損し、施錠または開錠ができな
  くなり、最悪の場合、ドアを開けることができなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  1.全車両、フロントドアラッチを良品に交換する。
  2.全車両、バックドアラッチを良品に交換する。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001845.html
 車名    スズキ,マツダ
 通称名   「ワゴンR」「フレア」
 型式    DBA-MH34S,DBA-MJ34S
 製作期間  平成24年10月31日〜平成25年3月7日
 対象台数  85,088
 不具合部位 補助制動灯(ハイマウントストップランプ)
 不具合状況 
  補助制動灯において、LED素子内部の電気基板の設計が不適切なため、
  電気基板が腐食し導通不良を起こすものがある。そのため、そのまま使用
  を続けると、補助制動灯が点灯しなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、補助制動灯を対策品に交換する。

■スズキ株式会社からリコールの届出
 http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001831.html
 車名    スズキ
 通称名   「キザシ」
 型式    CBA-RE91S,CBA-RF91S
 製作期間  平成25年11月29日〜平成26年12月3日
 対象台数  145
 不具合部位 原動機(テンショナ)
 不具合状況 
  エンジン補機駆動用ベルトのテンショナの構造が不適切なため、ベルトの
  張力でテンショナのプーリが傾くことがある。そのため、エンジン稼働中
  にベルトが横滑りを起こし、ベルトが外れ、オルタネータやウォータポン
  プが停止して警告灯が点灯し、最悪の場合、エンジンが停止して再始動で
  きなくなるおそれがある。
 改善の内容 
  全車両、エンジン補機駆動用ベルト及びテンショナを対策品と交換する。

当サイトの内容の掲載、転載及び複製は禁止します。Copyright(C)2002-2010 CLIMB AUTO , All Rights Reserved.